不動産を売却する時

仲介会社選択・相談

不動産売却を依頼するにあたり、不動産会社選択のポイントは、広告の量でも情報露出の量でもありません。しっかりと裏付けのある査定の提示や、営業担当者の人柄が重要となります。なぜなら、その不動産を購入される方も同様に、誠実で感じの良い不動産会社、営業担当者を選択されるからです。

間違いのない不動産会社選び。これこそが、不動産売却成功への第一歩です。そして当社は、そのようなお客様からご指名いただけるような対応を心がけております。
依頼をする仲介会社が決まりましたら、まずは今後のプランについて相談をしましょう。
当社では、お客様一人一人の状況に応じた最善策をご提案させていただきますので、この段階でできるだけ詳しいお話をお聞かせください。

調査・査定

ご依頼いただく物件について、管理状況や地価の動向など、あらゆる指標から調査し、周辺の類似物件の売買事例などを反映させた上で、実際にいくらで売却できるのかをご報告いたします。

他社ですでに査定をされた方も、本当にその価格で売却できるのか、お気軽にお問い合わせください。
もちろん、無料で実施させていただきます。

媒介契約

売却のご依頼をいただくと、いよいよ不動産売却に向けての手続きが始まります。

まず、当社と「媒介契約」を結んでいただきます。
「媒介契約」には、以下の3種類があり、それぞれの特徴をご理解いただいたうえで、どの形態が最善かをお選びいただくことになります。

  • 専属専任媒介
    契約締結社数:1社
    契約期間:3ヶ月以内
    指定流通機構への登録:5日以内
    不動産業者の売却活動報告義務:1回/週
    お客様自身による売却活動:できない
  • 専任媒介
    契約締結社数:1社
    契約期間:3ヶ月以内
    指定流通機構への登録:7日以内
    不動産業者の売却活動報告義務:1回/2週
    お客様自身による売却活動:できる
  • 一般媒介
    契約締結社数:制限なし
    契約期間:3ヶ月以内
    指定流通機構への登録:期日制限なし
    不動産業者の売却活動報告義務:なし
    お客様自身による売却活動:できる

売却活動

ご契約いただいた媒介契約の内容に従い、物件の売却活動を進めてまいります。

売り主様のご意向と物件の特徴を考慮し、広告媒体を選定します。 主な広告手段は、指定流通機構への登録、自社ホームページ・不動産ポータルサイト・不動産情報誌への掲載、新聞折込チラシなど、多岐にわたります。

売買契約

売却物件の購入を希望される方が見つかり、諸条件や引き渡し時期などの調整が終わると、いよいよ売買契約の締結へと進みます。

売り主、買い主双方に、権利、義務が発生しますので、契約内容をしっかりとご確認ください。

物件引き渡し準備・引っ越し

物件の引き渡し日までに、借入金の返済、抵当権の抹消手続き、各種書類の準備、引っ越しをしなければなりません。
段取りよく進めるために、当社からスケジュールのご提案をさせていただきますので、ご安心ください。

残代金受取・物件引き渡し

当社では、買い主・売り主両者の間に立って、スケジュールの設定や各種手続きを行います。 主な手続きとしては、抵当権の抹消登記手続き、残代金の受領、固定資産税の精算、仲介手数料の支払い、登記費用の支払い、鍵の引き渡しなどがあります。 これらが完了すると、物件の引き渡しとなります。

住み替えの場合には、これらの一連の流れと同時進行で、購入のお手伝いをさせていただきます。